スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅行 その2

ホテルで一息つきながらも、短い滞在時間をフルに活用する為
我々はそそくさとホテルをあとにした。

韓国の地下鉄はだいたい日本と同じくらいの時間までしかやっていないので、大通りからタクシーを拾うことに。
韓国のタクシーは、優良タクシーと一般タクシーの2種類があります。
私は、優良タクシーに乗ったことがない。何故なら、優良の癖にボッタクられた話をよく聞くからです。なのに、料金は一般よりも高い。
どんだけ金ぼるだよって感じです。
てなわけで、流しのタクシーを拾うことに。
がしかし、2年前にはなかった屈辱。乗車拒否である。しかも何台も。
一応止まってくれるが、行き先を窓から交渉すると、手でシッシッとされるではないか。早くも韓国の洗礼をうけたのだ。
韓国モードへシフトチェンジしてる我々は、タクシーに向かって
「あんだよ~、乗せろよ。拒否ってんじゃねーぞ。」の連発。
何台か交渉し、やっと東大門市場へ到着。

来たね~。あるあるある。ここにくると韓国へ来たって気分になるのです。
そうここはかの有名な明け方までやっている市場。
ファッションビルとスタジアムとスタジアムの周りを囲む数々のテント。
ファッションビルには問屋、小売と2タイプあります。
テントには食べ物、衣類、カバン、時にはペット。様々なものが販売されています。
テントで売ってるブランド品は偽りです。面白いほど精巧にできている。いろんな物があって笑えます。新作もあるのです。
そこを素通りして、革の専門ビルへ。
おし、30過ぎたらムートンだろと思い行ったが、やはり高い。
円換算で5万。着たらスゲー暑い。でも5万は初日からスパートかけすぎだと判断し、他のファッションビルへ移動した。
結局初日に1万円ほど使い3時に帰宅。
帰りもタクシーに拒否られ、巧みに日本語を操る男に1万ウォンで乗せてあげると言われた言葉に怒り。
「ここまでは3千ウォンでこれんだよ。あっち行け。」と怒鳴る。
喜怒哀楽激しい初日であった。

次の日は南大門で2年ぶりの再会をする予定だ。
がしかし、彼は・・・。
                       つづく

その3は南大門の様子と両替ババァの生態をつづりたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

Secret

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。