スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの母ちゃん

どうも。
まだツワリツワリ継続中のクマです。
昨日も1ヶ月ぶりにゲボしました・・・。
ツワリが始まってから2ヶ月が過ぎようとしてます。
いい加減終わってほしいな。
さてさて、今日はうちの母の人柄などを紹介したいと思います。

うちの母ちゃんは外見が非常に男性っぽく、髪はベリーショート。
ベリーショートって・・・。
ゴルフに行けば、男性ロッカーの鍵を渡され、銭湯に行けば、

お客さん、そっち女湯ですよ

と叱られる。
だが、ヤツにおちんはついていない。

そんなたくましい母ちゃん。
超スポーツマンの母に対し、そんなに運動が得意じゃない私。

小学生の頃、学校で親も参加するドッチボール大会があった。
もちろん、はりきる母ちゃん。
スポーツの中で1番嫌いなドッチボールに動揺を隠せない私。

私は近所に住むクラスメイトの男の子にいつも狙われてた・・・。
ボール取れないし当たると痛いから、いつも外野を希望していたのだ。

そんな私を察した母ちゃんの放った一言。

お前、いつもどいつに狙われてんの?

そして、どの子か教える私。
すると母ちゃんは言った。

任しときな、お母さんがやっつけてやる。

そん時は菩薩を見る目で母ちゃんを見ていたが、
大人になった今考えてみたら、スゲー大人げないから笑える。
子供相手にヤツは本気だ。
だけど、あーゆー母ちゃんでホント助かってます。

中学にあがると、ヤンチャになってしまった私。
ある日、他校の70年代風ヤンキーがうちに来た。
なんと私の友人を人質にして。

その頃の私といえば、門限を何度も破ったせいでどんどん門限を短縮されていた。
この頃になると学校終わったら、真っ先に家へ帰らないと門限に間に合わないくらいだった。

20時くらいにきたヤンキー。

ヤン: お前の友達、みんな公園にいるから来いよ。
クマ: え~、だって門限だもん。
友人: お願い来て~。

ここで母ちゃん登場。

 母: おい、何やってんだ?
ヤン: うっせー、テメーには関係ねーんだよ。

友人をつかんで離さないヤンキー。

 母: なんだよ、その手は?離せよ。
ヤン: うるせーな。
 母: うるせーなじゃねんだよ。離せっていってんだよ。

ヤンキーの手に蹴りを入れる母ちゃん。
ヤンキーはあまりの迫力に固まった。

 母:だいたいな、用があるならお前の仲間全員連れて来い。
ヤン:テメー覚えてろよ。お前の家燃やすからな。
 母:燃やせるもんなら燃やせ。

逃げるヤンキー。
私は友人を家へ保護。
友人の母に電話して迎えに来てもらった。
私達は、他に捕まった友人を心配していたら、
母ちゃんと友人の母がヤンキーを探しに出かけていった。

そんな事があっても母ちゃんガードがあるもんだから、
ヤンチャしてても戦闘に参加する事はなかった。


次女の私に無関心の母ちゃん。
私が足にギブスしてた頃、塾をさぼったら、ギブス相手に平手打ちを浴びせ吹っ飛ばした母ちゃん。
なんてことないことに対してすぐ怒る母ちゃん。
車の中で話しに夢中になってる私に「もう降りてくれる?」と冷たい母ちゃん。
インフルエンザにかかりフラフラな私が筋肉注射で苦しむ姿を見て笑った母ちゃん。


自由人な母ちゃん、これからも笑わせてほしいものだ。









スポンサーサイト

コメント

Secret

拝ませて(笑)

す・す・すすげー(爆)
うちのママ超えちゃった!!!
マンセー

すごいでしょ?

かやぁ>
うちの母ちゃん肝すわりまくりだもん。
さすがに私が墨入れした時は泣いたけど(笑)
2個目入れたときは呆れて笑ってた。
スーパー母ちゃん。
未だに力じゃ勝てないv-12

そういやさ、いろんなとこ行ってるわね。
タイさんは日本に帰ってきたみたいよ。
タイで会いたかったのにな。

母ちゃん泣かしてしもうたのね(笑)

え?タイさん本帰国しちゃったのぉ?
そろそろ買い付けに行こうかと思ってたのに。
残念!!!


天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。