スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅行 その3

20日の朝、3時に帰宅するも8時起床。ん??
朝起きると体に変化を感じた。極寒と凄まじいほどの乾燥だ。
私の唇は乾燥により切れていた。
いつもはペロペロなめて乾燥をしのぐが、ここでは太刀打ちできない。
仕方ないので乳液をたっぷりぬっといた。気温はおそらく10℃をきっていたと思う。

よし、準備完了。いざ南大門市場へ。
南大門は上野アメ横のをだいぶでかくした感じの市場。
カバン地区、衣類地区、乾物地区、布団地区・・・色んな物が揃ってます。
市場に入ると聞こえてくる声が、「偽物あるよ~。」とか「完璧なコピーいりませんか?」とか
「お土産にカバン買ってけば?」とか「お茶だけでもいいから飲みに来なよ。」など様々。大抵は無視かテッソヨ(結構だ)と言う。ヤツらも客の足を止めようと必死。
大抵無視する我々だが、2箇所足を止めてしまった店があった。
1件目の店員は「いらっしゃいまポ~。」と言ったから、ツッコまずにはいられなくなってしまい立ち止まってしまった。語尾がポだと妙に力が抜けてしまう。
2件目は店員が「そんなの関係ねぇ、オッパッピ~。」と小島ダンスをしていたのだ。アホな日本人が教えたのだろう。うかつにも関心すると共にウケてしまった。

色んな呼び込みもかわし市場の中央へ行くと、いました両替ババァ。
両替ババァは1人ではないのです。6~8人くらいチョコンと椅子に座ってます。私が観察するに、たぶん派閥あり。2チームに分かれて座ってる。
ババァに「レートは?」と聞くと780と電卓をはじいた。
レートに交渉なんてないと思いながらも、面白いからフッかけてみた。
電卓に790とたたく。ババァは780から譲らない。
ならば785とたたく我々。ババァ「あ~あ~あ~、あ~、あ~。」
早く金よこしなと言わんばかりに、あ~あ~言うババァ。
交渉成功でババァに1万渡した。闇両替とは言えレートも交渉とはさすが
両替ババァね~さんです。
両替も終え、友人のお店へ。

2年ぶりの訪問、私たちを覚えているかな?と店先をウロウロ。
すると店の人が「ナベちゃん?」私たちが「いる?」
ナベちゃんは病気でずっと休みだった。あんだよ~。
ちなみにナベちゃんは、れっきとした韓国人。
だけど別名が渡辺なのでナベちゃんと呼ばれています。
仕方ないので、もう一軒の友達の店先でウロウロした。
「お~久しぶり。」友人の後輩らしき人物が話しかけてきた。
覚えてないくせにと思ったが、彼は本当に覚えていたのだ。
確かにインパクトは強いだろう。2年前、私らは飯までおごらせたから。
話を掘っていくと、友人のキムはクビになったそうだ。
クビって・・・。ジェスチャーも日本と一緒だった。
なんだよ~、誰もいねぇ。しょうがない、おばちゃんとこ行くか。
我々は韓国のオモニの所へと急ぎ足で向かった・・・。
                             つづく            
次回その4では、韓国の母、リーさんと韓国、朝鮮について語る。


スポンサーサイト

韓国旅行 その2

ホテルで一息つきながらも、短い滞在時間をフルに活用する為
我々はそそくさとホテルをあとにした。

韓国の地下鉄はだいたい日本と同じくらいの時間までしかやっていないので、大通りからタクシーを拾うことに。
韓国のタクシーは、優良タクシーと一般タクシーの2種類があります。
私は、優良タクシーに乗ったことがない。何故なら、優良の癖にボッタクられた話をよく聞くからです。なのに、料金は一般よりも高い。
どんだけ金ぼるだよって感じです。
てなわけで、流しのタクシーを拾うことに。
がしかし、2年前にはなかった屈辱。乗車拒否である。しかも何台も。
一応止まってくれるが、行き先を窓から交渉すると、手でシッシッとされるではないか。早くも韓国の洗礼をうけたのだ。
韓国モードへシフトチェンジしてる我々は、タクシーに向かって
「あんだよ~、乗せろよ。拒否ってんじゃねーぞ。」の連発。
何台か交渉し、やっと東大門市場へ到着。

来たね~。あるあるある。ここにくると韓国へ来たって気分になるのです。
そうここはかの有名な明け方までやっている市場。
ファッションビルとスタジアムとスタジアムの周りを囲む数々のテント。
ファッションビルには問屋、小売と2タイプあります。
テントには食べ物、衣類、カバン、時にはペット。様々なものが販売されています。
テントで売ってるブランド品は偽りです。面白いほど精巧にできている。いろんな物があって笑えます。新作もあるのです。
そこを素通りして、革の専門ビルへ。
おし、30過ぎたらムートンだろと思い行ったが、やはり高い。
円換算で5万。着たらスゲー暑い。でも5万は初日からスパートかけすぎだと判断し、他のファッションビルへ移動した。
結局初日に1万円ほど使い3時に帰宅。
帰りもタクシーに拒否られ、巧みに日本語を操る男に1万ウォンで乗せてあげると言われた言葉に怒り。
「ここまでは3千ウォンでこれんだよ。あっち行け。」と怒鳴る。
喜怒哀楽激しい初日であった。

次の日は南大門で2年ぶりの再会をする予定だ。
がしかし、彼は・・・。
                       つづく

その3は南大門の様子と両替ババァの生態をつづりたいと思います。

韓国の旅  その1

19~22日まで韓国へ行ってきました。
もう5回目の訪韓です。
「もう行っても何も買うものないし、ツマンナイよね。」
なんて毎回いいながら行くけど、帰りのスーツケースはパンパン。
そんな旅の出来事を書きたいと思います。

飛行機はアシアナです。
機内食はビーフストロガノフにパン・サラダ・なぜかキムチ。
わりかし旨いけど、飛行機苦手の私は少しでお腹いっぱいに。
2時間のフライトも無事終わり入国審査へ。
順番待ちをしていると、入管職員が私らのとこへきて何か言ってきた。
「これなんて読むんだ?」
ヤツが指差しているのは入国カードの訪問目的の欄だった。
普通、この欄にはサイトシーイング的なことを書のだが、
そこに書かれていたのは(政男)だった。
私たちは爆笑。旅の目的 政男 ってなんだよ。
韓国の漢字では 政男 はないらしい。
意外と知られていませんが、韓国でも漢字は使います。
しかし、政男ってなんだよ。

入国審査も終わり、ホテルへ。
そして韓国人格へシフトチェンジ。(私の気性が今以上に荒くなる。)
時刻はPM11:50、まだまだ眠らない街、東大門市場。
ホテルに着くと一息いれてから市場へ向おうと準備した。
                           つづく

★告知です★
28日の日曜日、国際展示場でフリーマーケットを開きます。
いつもと同じくマイミクのシルバーさんとやります。
屋内なので、雨でも決行。時間があったら見に来てください。

オレ至上歴史的な日

昨晩、うちの旦那がイギリスにいる姉へ電話をかけた。
たまに電話をかけるようだが、昨日はなにやら一段と話が長い。
義理の兄としゃべり、姉に代わり、また兄に代わり・・・エンドレスだ。
しかも、えっスピーカー?ってくらい、やたら声がでかい。
全部筒抜けなのだ。しかし、何言ってるか1コトもわからない。
しばらくして、私の第6感が働きだした。
この雰囲気は、ひょっとして・・・。
次の瞬間、旦那が受話器を私に
「ナマステって言って。」
でた~。つーか、キタキター予感的中。
でも意外と嫌いじゃない私。
私「ナマステ。エヘヘ」
姉「ナマステ。あはは。」
笑ろうとけ状態。そして緊張もつかの間、今度は兄へ
私「ナマステ。フフフ。」
兄「ナマステ。&”$’&’”%&$”。」
やべぇ、世界共通語、英語で話してきやがった。
何言ってっかわかんねぇ。
私「i Can not speak English.」
兄「!”#$%&’=~+*}?!!”#$%&」めげずに話す兄。
旦那に受話器をおしつけ逃げた。

いや~でも初めてむこうの家族と接触でき、喜びがすごくあった。
ダイ、ディディ、サンツァイチャ?くらい言いたかった。
(お兄さん、お姉さん、元気ですか?)
余韻に浸っていると、電話をきった旦那が
旦那「お兄さんが英語勉強しておきなさいってだって。」
え~いきなりダメ出し?ウケる。
とゆうわけで、そこは持ち前の反骨精神で
ネパール語勉強することにした昨日でした。いい日だったなぁ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。